FC2ブログ

検索フォーム


プロフィール

自作駄郎

Author:自作駄郎
東日本大震災の被災地でもある田舎で暮らし、日々思うこと、興味関心のあることをブログにしてみようかと7月21日(2013年)一念発起少しずつ始めてみたい。3日坊主で終わらないようにしたいものだが。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


DATE: CATEGORY:政治
昨日は参議院選挙でのインターネットの使い方分析を書こうとして結局はカタカナ言葉の分かり難さになってしまったが、当初書きたかったのはちょっと違っていた。(文章を書くのは難しい。考えを整理するのは難しい。でも文章を書く事によって考えを整理できる。推敲がまだまだ)
民主党の海江田代表はNHKの分析では確かTwitterをやっていなかった。Twitterは情報拡散とともに双方向で遣り取り出来る。ある意味公開の場で一人対複数の議論が見られる場所になる。代表が真摯に有権者の問いに応えていたら変わった結果になったかもしれない。それをやったのが三宅洋介氏だろう。駅のフォームで有権者に対してtweetしている場面は印象深い。
選挙になると「お願いします。」「よろしく」だけの声しか聞かない。勿論政策のビラや広報はあるから、それを読めば候補の政策は分かるという見方はあると思うが、色々なツールが発達しているの今日それを使わない手はない。tweetはある意味リアルタイムに行われる。つまり臨場感がある。ビラとは比較にならない。誰でも自分の疑問や質問に真摯に応えてくれる候補に対しては親近感を覚える。たとえ意見は違っても、それが政治家の姿勢だろう。
でも最終的には実行力だと思う。口ばっかりの政治家は多数いる。政策を法案にして行政を動かす。是非実行してほしい。
スポンサーサイト



tag : ネットの使い方

DATE: CATEGORY:政治
再びネット選挙。クローズアップ現代の再放送を見ると後半も面白かった。
自民党の候補者で東京プリンの伊藤洋介氏。エンターテイメントの海外への売り込みを政策にしていたらしいが残念んがら3万7千票で落選。88万人のフォロワーを持つ歌手との友人関係を使ってツイートはちょっと卑しい感じがした。友人関係はやはり常日頃の付き合い方が上手くいっているかだと思う。本当の友達だったら「立候補したの?!貴方ならやってくれると思う。だから手伝う」と言うと思う。歌手のツイートに対して0.1%のリツイートは悲しい。
それに比べて緑の党の三宅洋平氏の広がりはまさにMovement、面白かった。これこそネット選挙の賜物。応援サイトが出来るのが凄い。応援サイトの存在を280人がツイートして最終的には88万人に届いている。そして落選したが17万7千票は凄い。勿論彼自身の訴える力、考え方に芯があるからだろう。
「拡散力」と名付けてツイートに対するリツイートの割合に注目している点が今までない視点だと思う。党首の拡散力最低の生活の党の5.7はなんとも言えない。
Twitterの使い方に問題があるのではないかと思う。一つはフォロワーをフォローするように設定すべきだろう。こうする事により有権者が何を考えているかが把握出来る可能性がある。双方向で意見交換する機会が増える。そして「返信」機能が重要で、質問疑問に真摯に応える姿勢が求められる。これが出来なければ考え方や政策は伝わらない。キャッチボールがないと何も変わらない。
「お願いします。」だけの選挙にはオサラバしないといけない。
DATE: CATEGORY:政治
民主党の今回の参議院選挙の大敗と今日の低迷は菅氏が代表・首相になった事だと常々思っている。前回の参議院選挙での消費税増税発言による負けと東日本大震災に対する対応の不味さ。特に怒鳴り散らしたと言われる福島第一原子力発電所の事故への対応はどうしようもない。市民運動家から政界への転身と野党としての質問の鋭さは良かったのかもしれないが、リーダーとしての資質はなかったというか、培われていなかった思う。社会や会社等で揉まれた経験や、部下をリードするような経験がなかった事が遠因ではないか。生来の資質も勿論あると思う。実際に本人と会って話した訳ではないが、自分には分かっている、理系の基本的な事は勉強しているという姿勢より、人の話をよく聞く、耳を傾けるという姿勢が必要だと思う。人の振り見て我が振り直せ。

copyright © 2021 興味のある事を種々雑多 all rights reserved.Powered by FC2ブログ